カリフラワーとリンゴ酢のポタージュ

0


    冬野菜を使ったポタージュです。出汁やスープの素を使わず、野菜と酢と塩だけで作ります。カフェで作っているそのままのレシピです。
    今回は今が旬のカリフラワーを使ってみました。最近は紫色や黄色などいろんな色のカリフラワーが道の駅に売っていて、とても目を楽しませてくれます。
    リンゴ酢は出汁の代わりに入れるので、序盤の炒める時にしっかり水分を飛ばしましょう。

    ◎材料(6〜7人前)
     カリフラワー 1個
     タマネギ   中2個
     ニンニク   2かけ
     ローリエ   1枚
     塩      少々
     純粋リンゴ酢 大さじ2程度
     油      少々
     水      適量



    ◎作り方
     1.油を少々ひき、タマネギ、ニンニクのざく切りをいれて、少し塩を振りしっかり炒めます。(ここでの塩は水気を出すためのもので、味決めではありませんので少しで良いです。)
     2.ざく切りにしたカリフラワーをいれ、一緒に炒めます。
     3.リンゴ酢を入れ、炒めます。
     4.リンゴ酢の水分が飛んだら、圧力鍋に入れ、ローリエを入れ、水をひたひたに加え、ふたをして圧力をかけます(高圧10分。圧力鍋がない場合は、完全に柔らかくなるまで煮ます)。
     5.圧力が完全に落ちてから、ふたを開け、ローリエを取り出し、ハンドミキサーで潰します。ここで塩味の調整、また粘度が高い場合は水を入れて調整します。普通のミキサーを使う場合は、完全に鍋の中身が冷めてからミキシングしましょう。



    たっぷり作って冬の晩御飯におなかいっぱい食べたら、翌朝の朝食にもパンと一緒にいかがでしょう。また、茹で豚やアツアツの蒸し野菜にホワイトソース代わりにかけると、ヘルシーで温かいホワイトシチューにもなります。

     

    マスカット酢と和のつぶマスタードソース仕立てのチーズチキンカツ

    0
      さて今回はどっかーんとメイン料理です。
      ソースが大変さっぱりとしていますので、今回のようにカツでも良いですし、お魚やお肉のソテー、ステーキ、ハンバーグ、はたまたカルッパッチョなどにしあげても大変美味しくアレンジできます。

      では、ソースのレシピです。
       
      準備するもの
       ※小鍋
       ※タマネギ半個
       ※セロリの白いところ1本
       ※塩 少々
       ※油 少々
       ※白ワイン 50cc
       ※純粋マスカット酢 30cc
       ※水 50cc
       ※和の粒マスタード 大さじ2
       ※好みで生クリーム 大さじ2

      作り方
       ◎小鍋に油を少々ひき、細かめにみじん切りしたタマネギ、セロリ(今回は白い部分を使っていますが好みで葉の部分も加えてもOK)、塩少々を入れ、弱火でしんなりと透き通るまで炒める
       ◎白ワイン、純粋マスカット酢、水を加えて弱火でかるく煮詰める
       ◎火をとめてから和の粒マスタードを加え、味をみて足りなければ塩、酢、を加えて味を調える
       ◎冷まして冷蔵保存しておけば、1週間は使えます
       ◎温かい料理のソースとして使用する場合は、そのたびに使う分だけあたためる。また、温める際に好みで生クリームを加えても美味しいです
      ソース作り方 

      続いて、チーズチキンカツのレシピです。
      チーズは、今回お正月の残りの「ミモレット」を細かく刻んで挟みましたが、色々なチーズや具材を試しても面白いと思います。

      準備するもの(2人分)
       ※鶏肉(胸身か羽身)・・・大1枚
       ※油・・・適量
       ※卵・・・1個
       ※小麦粉・・・少々
       ※パン粉・・・少々
       ※塩・胡椒・・・少々
       ※チーズ・・・お好み

      作り方
       ◎鶏肉を縦に2つ割に切り、それぞれラップで挟んで、肉たたきなどで厚さ5mm〜1cm程にバシバシたたく。塩・胡椒を全体に振る。
       ◎チーズを刻んで鶏肉の片方にのせ、もう片方で挟む。
       ◎小麦粉⇒卵⇒パン粉の順にまぶし、フライパンに5mm程度の油をしき、両面がこんがりときつね色になるまであげる(油が少なくなったら指し油をする)。あがったらキッチンペーパーで油をきっておく。
       ◎横に2つ割にし、チーズが垂れないうちに皿に盛り、先ほどのソースをかけて出来上がり。
      ミモレットを挟んだチキンカツ
       

      りんごとリンゴ酢のコンポート:作り方

      0
        みなさま、こんにちは。
        とっても寒い季節ではございますが、りんごがとても美味しくなっています。
        そこで今日は、りんごの保存食を簡単につくってみたいと思います。
        「りんごとリンゴ酢のコンポート」です。
        作り置きしておけば、実はパンやケーキに混ぜ込んだり、肉料理のソースになったり。汁はゼリーやドリンクに利用したりと、色々に楽しめます。

        梨、桃、いちご、などなどさまざまな果物にも応用できますので、ぜひお試しくださいませ。

        準備するもの
         ※浅く広めのなべ
         ※落としぶた(またはキッチンペーパー)
         ※りんご(紅玉やフジなど固めのもの)2〜3個
         ※黒糖 大さじ5
         ※純粋リンゴ酢 大さじ5 
         ※クローブ 5粒くらい
         ※シナモン スティック半分(または粉末少々)
         ※ラム酒 大さじ3
         ※水 少々
         
        作り方
         ◎鍋にくし型に切ったりんごを並べる(なるべくかさならないように)
         ◎黒糖、リンゴ酢、クローブ、シナモン、ラム酒を振りいれる
         ◎水を入れる(鍋の大きさで加減を液体が底から1センチほどあればOK)
         ◎落としぶたをして弱火で10分加熱、りんごを返してもう10分加熱
         ◎完全に冷めてからタッパーやビンで冷蔵保存。1日以上たって味がなじんでからが美味
        りんごコンポート作り方1

        とても簡単です。スパイスやラム酒などはお好みで加減したり、お砂糖を好みのものにしても良いと思います。
        りんごコンポート作り方2


        PR

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        SU RECIPE 〜果実酢のある生活〜 好評発売中!!

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:43 最後に更新した日:2017/09/24

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM