スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.09.24 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「身体を温めるオリジナルビネガー作り ワークショップ」 2016.02.11(木)、13(土)

    0
      この度、スーのレシピブログを、「スー 果実酢のある生活」と改名しました。
      新しくワークショップやイベントの内容なども追加し、より内容を充実させてまいります!
      もちろん、果実酢のレシピも載せて参りますので、お楽しみに!!

      さて、2016年最初の記事は、2月11日(木)、13日(土)にビブリオチックさんで行われた、「オリジナル果実酢作りのワークショップ」。
      今回のテーマは「身体を温める」です。
      両日ともに2月とは思えないぽかぽか陽気で、始終笑いの絶えない楽しいワークショップとなりました。


      果実酢はアミノ酸も豊富で、毛細血管を開いてくれるので、キンキンに冷やして使用するのでなければ、汗をかきやすく、末端まで温まる効果が期待できます。
      2月ということもあり、ショウガ(山の農園産)、4種のカンキツのコンポートやスパイスなどの相乗効果でより温まるものを準備。
      いちごも美味しくなってきたので、苺のコンポートも用意しました。

      はじめに、果実酢の醸造方法や原料、混ぜ合わせる材料などのご説明をしました。
      熱心にご質問くださる方もいらっしゃいました♪

      ドリンク用(焼酎!スパークリングワイン用!豆乳用!etc...)、パスタやソテーにかける用、ヨーグルトにかけるもの、などなど作りたいもののご希望は様々。
      それぞれ材料の相性、期待する効果、好みの味わいに合わせてカウンセリング&レシピ作り。
      この作業がとても悩まれ、時間もかかるところです。
      皆さんとても熱心で、さすがです。
      せっかくだし、今しか使えない材料も多かったので、なんと今回は約半数の方が2種類作られました。

      スパイスもホールのまま使ったり、割いたり、潰したりと様々。
      酸度の強い原酢、はちみつ、コンポートなどを計量中。
      味見をしながら微調整していきます。
      このとき、お隣の方の味見もして、やっぱり追加で作りたいとなる方続出。

      ビネガーは、日持ちをさせるために加熱殺菌し、瓶詰め作業をしている間に・・・、皆さんにオリジナルラベルを描いて頂きました♪
      中に入っている材料を書き込んだり、自分の名前や絵を描かれたりと大盛り上がり!!

      それぞれ色鮮やかに、風味も個性豊かに・・・。
      うっとりするほどきれいで贅沢ですね〜。

      ビブリオチックの小川さんに写真撮影のコツまで教えてもらえます!

      最後にほっと一息、ティータイム。
      今回はいちご酢を練り込んだとろけるガトーショコラとホットドリンクで。

      なんとも濃厚で楽しい時間でした〜。
      本当にありがとうございました!!
      次回、八女のビブリオチックさんでのワークショップは5月末〜6月頭の予定です。
      季節ごとに異なった内容で開催予定ですので、どうぞお楽しみに!

      レポーター su 店長 大山紀子


       

      蒸し鶏おこわ

      0


        しょうが果実酢のタレで、蒸し鶏たべた〜い!

        と思ったのですが、鶏からでた美味しい出汁は?どこへいっちゃうの?

        もったいないので、出汁をたっぷり吸ったおこわも一緒に作って、おいしさ倍増!!ばんざ〜い!なレシピができました。

        どうぞお試しください。



        材料

        ◎もち米・・・3合(洗ってざるにあげておく)
        ◎油・・・大さじ1
        A 濃口醤油・・・大さじ2
        A しょうが果実酢・・・小さじ1
        A きび砂糖・・・小さじ1
        ◎干しいたけ・・・20g(戻して4分の1くらいにカット)
        ◎鶏もも肉(できれば骨付き)・・・1枚
        ◎塩・・・小さじ1/2
        ◎酒・・・大さじ3
        B 濃口醤油・・・大さじ2
        B しょうが果実酢・・・大さじ2
        ◎ねぎや三つ葉など薬味野菜・・・適量
        ◎あればアーモンドなどのナッツ類少々(砕いておく)
        ◎ごま油・・・大さじ1〜2

        作り方

        ?下準備したもち米をたっぷりのしいたけの戻し汁で浸漬(少なくとも1時間。1晩でもよい。それをざるにあげ、水気をきる)。蒸し器もたっぷりの湯を沸かして準備しておく。



        ?鍋に油をひき、弱めの火でもち米、しいたけ、Aの調味料を全て入れて炒める。5分程でうっすら米が透き通ったらさらしに広げ、鶏肉、塩、酒、の順に並べる。



        ?蒸気のあがった蒸し器で強めの火にかけ、様子を見ながら(時々米の上下を返したり、軽く打ち水をしてもよい)30分前後で蒸しあがります。



        ?蒸し鶏にはBの合わせダレ、お好みで薬味野菜、ナッツを盛り付け、熱々のごま油をかけて。



        おこわも蒸し鶏もどちらも熱々でも冷めてもおいしい〜!!



        果実酢のラタトゥイユ

        0

          みなさまこんにちは!

          ズッキーニやトマトが美味しい季節ですので、ざっくりとたっぷりのラタトゥイユにして、野菜をたっぷり食べましょう!!



          材料(野菜のサイズにもよるので、おおざっぱに)

          ◎にんにく・・・1片
          ◎玉ねぎ・・・大1個
          ◎ピーマン又はパプリカ・・・2個
          ◎トマト(ミニトマトでもOK)・・・500グラム以上たっぷりと
          ◎ズッキーニ(タネを除いたきゅうりでもOK)・・・大2本
          ◎塩・・・適量
          ◎オリーブオイル・・・大さじ2
          ◎果実酢・・・甘口なら大さじ2〜3、無糖高酸度タイプならおおさじ1〜2くらい

          あとは、季節によりナスでも、レンコンでも、お好みで加えてください!

          作り方

          ?全ての野菜を一口大に切って、にんにくはスライスしておく。

          ?鍋にオリーブ油(冷たいまま)、にんにくを入れ、弱火にかけ、良い香りがしてきたらトマト以外の野菜と小さじ半分程度の塩を入れて中火にし、ざっくり炒めあわせ、軽く透き通るくらい火が通ったら野菜を取り出す。




          ??で出た水分は鍋に残しておいて、トマトと果実酢を投入。
          火が通ったらトマトの果肉分をとりだして、水分を残します。
          野菜の水分は、とろりとして水分がなくなるまで根気よく混ぜながら煮詰めます。ここでもう一度塩で味を整えます。(ここを頑張ればとてもおいしくなります)



          ?全部をざっくり混ぜ合わせて、粗熱がとれたら冷蔵庫へ。
          冷めると全ての野菜と果実酢の味が渾然一体となってとまらないおいしさ。
          冷たいままでも、温めても、オムレツでも、パスタでも、ソースとしても。とっても便利!




          ホワイトアスパラとアボカドのサラダ

          0


            ホワイトアスパラガスとアボカドのサラダを作りました!

            もちろんグリーンアスパラもとても美味しいのですが、ホワイトアスパラは茹で方にコツがいるのです…。
            ちょっぴり時間もかかりますが…
            とっても簡単!で、独特の美味しさはたまりません。

            ホワイトアスパラを見かけたら、どうぞお試しくださいませ。

            ちなみに、ホワイトアスパラをゆでる時に砂糖と酢を入れるのは白くきれいに仕上がるからです。もちろん、味も良くなります。


            材料(2人前くらい)

            ◎ホワイトアスパラ…3〜4本

            ◎アボカド…半個

            ◎塩…小さじ1/2

            ◎砂糖…小さじ1/3

            ◎純粋ぶどう酢…小さじ1

            ◎ピクルスビネガー…大さじ1


            作り方

            ?ホワイトアスパラは根元から1センチくらいをおとし、下から三分の一くらいの皮を剥いて3等分しておく。

            ?鍋に1リットルくらいの湯をわかし、沸いたら分量の塩、砂糖、ぶどう酢を入れ、アスパラを湯がく。
            剥いた皮なども出汁が出るので一緒に入れておく。
            とても新鮮だったら1〜2分、そうでもなければ5分程ゆでると少し透き通るような感じになるので、竹串がスッと通れば火を止めてそのまま20分置いておく。


            ?アボカドは剥いてさいの目に切り、ピクルスビネガーで良く和えます。


            ?お皿にアスパラを盛り付け、アボカドをたっぷりかけていただきます!

            ?アスパラをゆでたスープはとっても美味しい出汁がでています!味を整えてスープやリゾットにして召し上がれ!!




            オリーブピクルスとトマトのパスタ

            0
              みなさま、大変、大変ご無沙汰していました〜。
              レシピのupがとても滞っておりまして、ごめんなさい。

              先日より新発売の「オリーブと巨峰酢のピクルス」、好評につきましてとっても簡単なレシピをご紹介します。



              最低限の材料で作っていますが、ソーセージや挽肉、玉ねぎや茹で野菜、トッピングにチーズ、はたまた季節が良ければフレッシュトマトを使用したりと、いくらでもバリエーションのあるシンプルなトマトパスタ。

              いくつかコツのコツをご紹介しますので、それを守ればお店のような味に仕上がりますよ〜!!お試しくださいね!



              材料 (2人前)
               @オリーブオイル・・・大さじ2
               @にんにく・・・1かけ(スライスしておく)
               @とうがらし・・・まるごと2本(辛くしたい場合は輪切りに)
               @トマト缶【ホール】・・・半分(約200g)
               @オリーブのピクルス・・・液ごと大さじ2
               @塩・・・適量
               @パスタ・・・160〜180g(ここではNo.11の太めです、お好みのものを)
               @黒胡椒・・・少々

              作り方

               ?フライパンにオリーブオイル、にんにく、とうがらしを入れ(必ずオイルが冷たいうちに入れてください)弱火でうっすら色づいていい香りがするまで火にかける。
               ?ホールトマト、オリーブのピクルスを液ごと、塩少々全てを一気に加えて中火にかける。トマトは軽くつぶし、とろりとマヨネーズ状に乳化する感じに混ぜながら軽く煮込みます。

               ?パスタをゆではじめます。途中、茹で汁を大さじ2ほどソースの方にも加えておきます。 
               ?袋に書いてある時間よりも20秒ほど早めにゆであげ、ソースの方にパスタを加え、強めの火で30秒ほど和える感じで炒める。

               ?皿にもりつけ、こしょうをふり、熱々のうちにさっとたべましょう!


               


              PR

              calendar

              S M T W T F S
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << January 2018 >>

              SU RECIPE 〜果実酢のある生活〜 好評発売中!!

              selected entries

              categories

              archives

              recommend

              links

              profile

              書いた記事数:43 最後に更新した日:2017/09/24

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM