スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.03.04 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ローストポテト

    0
      ローストポテト

      割と気合を入れてゴージャスな一皿を作ったのに、付け合せが・・・
      そんな経験ございませんか?
      そこで今回は、ゴージャスな一皿をしっかり際立ててくれて、尚且つとっても美味しいローストポテトを作ってみました。
      相変わらず簡単ですので、是非お試しください。



      材料
      ○ジャガイモ・・・1人前:中1個
      ○オリーブオイル・・・少々
      ○塩、こしょう・・・少々
      ピクルスビネガー・・・小さじ1
      ○ローズマリー(あれば)・・・少々

      作り方

      ジャガイモをよく洗います。皮ごとローストするので、しっかり泥を落としてください。


      4つ割りにして、塩、こしょうをふります。


      オイルをかけます


      ピクルスビネガーをかけます


      ざっくりと混ぜ、皮を上にしてローズマリーをちらします
      そのまま、オーブン(ガスなら180℃、電気なら190℃で20分程度)で焼きます。
      クシを刺してみて、スッと通れば出来上がり!


      お肉の煮込み、前菜の盛り合わせなど、使い方は自由自在。
      お好みで、ヨーロッパ風に、食べながらビネガーをかけても美味しいですよ!
       

      果実酢のリエット

      0
        「果実酢のリエット」

        豚肉が好きです。
        ほんとうに。
        スーの合言葉は「豚肉食ってりゃ病気も治る!」というくらい好きです。
        なので、朝食から豚肉が食べたいのですが、ベーコンやソーセージだけでは物足らなくなり、リエットを作ることにしました。
        自分で作れば、パンに思う存分塗って食べれますもんね〜


        材料
        • 豚ばら肉(ブロック)・・・500g
        • 水・・・800cc
        • 白ワイン・・・50cc
        • ローリエ・・・5〜6枚
        • ホワイトペッパー(ホール)・・・お好みで少々
        • 塩・・・小さじ1
        • 純粋巨峰酢(甘口の果実酢でも可)・・・大さじ2

        作り方

        豚肉を1cm〜2cm角に切る


        鍋に肉を入れ、その他の材料を加える


        最初は中火で煮ていき、あくが出たらその都度掬う。煮立ってきたら火を弱くし、煮たたない程度で1時間半ほど煮る。
        水分量が最初の半分くらいになり、肉が木べらで潰せるくらいになったら火を止める。


        熱いうちに潰す。細かくペースト状にしたい場合はハンドブレンダーなどを用いてください。
        少し塊感を出したいときは、木べらやフォークなどで潰してください。


        長く楽しみたい、沢山作りたい、という場合は、清潔に殺菌消毒した瓶に、粗熱が取れたリエットを詰め、95℃くらいの湯で10分程湯煎。
        その後、湯から出し、5分程おいて、一度キャップを緩め、もう一度締め直します。
        これで瓶の中が脱気ができた状態になるので、日持ちがしやすくなります。(冷蔵庫で3週間ほど)



        ピクルスやコンフィチュールなどと合わせてカナッペに!

        「鶏肉のりんご酢煮込みショウガ風味」のレシピ

        0
          「鶏肉のりんご酢煮込みショウガ風味」 約4人前

          ときどきふっと食べたくなる味。
          やさしいのにたっぷりの生姜とりんご酢でぽかぽかに温まりますよ〜。
          スーのランチでお出しすることもあり、好評です。
          煮込みとスープの中間のような料理ですが、短時間でできるのでどうぞお試しください。
           

          材料
          ○鶏もも肉・・・2枚
          ○玉ねぎ大・・・1個
          ○生姜・・・1片
          濃い純粋りんご酢スウィート・・・大さじ3
          ○粗製糖・・・小さじ2
          ○塩・・・小さじ2
          ○油・・・少々
          ○水・・・適量

          作り方

          鍋に油少々をひき、スライスした玉ねぎをさっと炒めたら取り出しておく

          鍋にもう一度油をひき、ぶつ切りの鶏肉を炒め、粗製糖をまわしかけ、軽く表面に火を通す

          鶏肉の上をおおうように玉ねぎを戻し、ショウガをたっぷりとおろし入れ、りんご酢、塩を投入
          ひたひたより少し少な目の水も加え、中火にかける
          沸き立ってきたら弱火にし、7〜8分加熱する

          火が通ったら味見して塩が足りないようなら少しくわえる

          たっぷりのスープと盛り付けてできあがり
          パン、ご飯、どちらにも良く合う♪


           

          「身体を温めるオリジナルビネガー作り ワークショップ」 2016.02.11(木)、13(土)

          0
            この度、スーのレシピブログを、「スー 果実酢のある生活」と改名しました。
            新しくワークショップやイベントの内容なども追加し、より内容を充実させてまいります!
            もちろん、果実酢のレシピも載せて参りますので、お楽しみに!!

            さて、2016年最初の記事は、2月11日(木)、13日(土)にビブリオチックさんで行われた、「オリジナル果実酢作りのワークショップ」。
            今回のテーマは「身体を温める」です。
            両日ともに2月とは思えないぽかぽか陽気で、始終笑いの絶えない楽しいワークショップとなりました。


            果実酢はアミノ酸も豊富で、毛細血管を開いてくれるので、キンキンに冷やして使用するのでなければ、汗をかきやすく、末端まで温まる効果が期待できます。
            2月ということもあり、ショウガ(山の農園産)、4種のカンキツのコンポートやスパイスなどの相乗効果でより温まるものを準備。
            いちごも美味しくなってきたので、苺のコンポートも用意しました。

            はじめに、果実酢の醸造方法や原料、混ぜ合わせる材料などのご説明をしました。
            熱心にご質問くださる方もいらっしゃいました♪

            ドリンク用(焼酎!スパークリングワイン用!豆乳用!etc...)、パスタやソテーにかける用、ヨーグルトにかけるもの、などなど作りたいもののご希望は様々。
            それぞれ材料の相性、期待する効果、好みの味わいに合わせてカウンセリング&レシピ作り。
            この作業がとても悩まれ、時間もかかるところです。
            皆さんとても熱心で、さすがです。
            せっかくだし、今しか使えない材料も多かったので、なんと今回は約半数の方が2種類作られました。

            スパイスもホールのまま使ったり、割いたり、潰したりと様々。
            酸度の強い原酢、はちみつ、コンポートなどを計量中。
            味見をしながら微調整していきます。
            このとき、お隣の方の味見もして、やっぱり追加で作りたいとなる方続出。

            ビネガーは、日持ちをさせるために加熱殺菌し、瓶詰め作業をしている間に・・・、皆さんにオリジナルラベルを描いて頂きました♪
            中に入っている材料を書き込んだり、自分の名前や絵を描かれたりと大盛り上がり!!

            それぞれ色鮮やかに、風味も個性豊かに・・・。
            うっとりするほどきれいで贅沢ですね〜。

            ビブリオチックの小川さんに写真撮影のコツまで教えてもらえます!

            最後にほっと一息、ティータイム。
            今回はいちご酢を練り込んだとろけるガトーショコラとホットドリンクで。

            なんとも濃厚で楽しい時間でした〜。
            本当にありがとうございました!!
            次回、八女のビブリオチックさんでのワークショップは5月末〜6月頭の予定です。
            季節ごとに異なった内容で開催予定ですので、どうぞお楽しみに!

            レポーター su 店長 大山紀子


             

            蒸し鶏おこわ

            0


              しょうが果実酢のタレで、蒸し鶏たべた〜い!

              と思ったのですが、鶏からでた美味しい出汁は?どこへいっちゃうの?

              もったいないので、出汁をたっぷり吸ったおこわも一緒に作って、おいしさ倍増!!ばんざ〜い!なレシピができました。

              どうぞお試しください。



              材料

              ◎もち米・・・3合(洗ってざるにあげておく)
              ◎油・・・大さじ1
              A 濃口醤油・・・大さじ2
              A しょうが果実酢・・・小さじ1
              A きび砂糖・・・小さじ1
              ◎干しいたけ・・・20g(戻して4分の1くらいにカット)
              ◎鶏もも肉(できれば骨付き)・・・1枚
              ◎塩・・・小さじ1/2
              ◎酒・・・大さじ3
              B 濃口醤油・・・大さじ2
              B しょうが果実酢・・・大さじ2
              ◎ねぎや三つ葉など薬味野菜・・・適量
              ◎あればアーモンドなどのナッツ類少々(砕いておく)
              ◎ごま油・・・大さじ1〜2

              作り方

              ?下準備したもち米をたっぷりのしいたけの戻し汁で浸漬(少なくとも1時間。1晩でもよい。それをざるにあげ、水気をきる)。蒸し器もたっぷりの湯を沸かして準備しておく。



              ?鍋に油をひき、弱めの火でもち米、しいたけ、Aの調味料を全て入れて炒める。5分程でうっすら米が透き通ったらさらしに広げ、鶏肉、塩、酒、の順に並べる。



              ?蒸気のあがった蒸し器で強めの火にかけ、様子を見ながら(時々米の上下を返したり、軽く打ち水をしてもよい)30分前後で蒸しあがります。



              ?蒸し鶏にはBの合わせダレ、お好みで薬味野菜、ナッツを盛り付け、熱々のごま油をかけて。



              おこわも蒸し鶏もどちらも熱々でも冷めてもおいしい〜!!




              PR

              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << October 2016 >>

              SU RECIPE 〜果実酢のある生活〜 好評発売中!!

              selected entries

              categories

              archives

              recommend

              links

              profile

              書いた記事数:41 最後に更新した日:2016/03/04

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM